『信用』に関して

特定の仕事において、私達は自分の所属する会社の同僚から信頼を勝ち得ることと、会社の外の人、いわば取引先となり得る他に所属している社員の信頼を得ること、どちらの方が難しい、と言えるでしょうか。それは確実に、いつも私達と同じ仕事場にいない、取引先の人と言えるかもしれません。職場の人とは長い年月をかけて信頼関係を作っていくことができます。

それは、どちらかというと些細なことで壊れるようなものではない、長期的な信頼関係を結ぶことも可能です。しかし、取引先の相手、とねると、ある意味で『短期的』な面を見れば、強い信頼関係を結ぶことも可能です。しかし、相手が少しでもそれに違反するような行動を取るならば、あっさり失われてしまう可能性がある、というのも、社外の人との信頼関係を築く上で、難しい部分、と言えるかもしれません。

今回取り上げるテーマとなっている『売掛金』や、『債権』に関するトラブル、それは確かに信用や信頼、というワードに大きく結びついている言葉です。失ったら取り戻すのが難しいものである、と言えます。だからこそ、私達がその『支払わない側』にならないように、自分たちが行う事についても、注意を払っていくべきであると言えます。